SNSで評判の良いハニプラ美容液

良い口コミが多くて、これって本当?ステマじゃないの?と疑いたくなってしまうのは私だけでしょうか(^_^;)?

でも、「マイナス10歳の若く見え肌!」とか「化粧ノリが良くなる」という評判を見て、気になって仕方がなくなってしまったのも事実。

そこで今回は、ハニプラ美容液の本当の口コミや、効果評判について、詳しく調査した上で解説していきます。

 

最後まで読むと、年齢関係なく、思わず触りたくなるようなハリのある肌が手に入るハニプラ美容液の秘密がわかりますので、是非最後までお付き合いくださいね。

 

ハニプラ美容液の口コミはステマって本当?

ハニプラ美容液の口コミはステマなのか?

客観的に判断するために、良い口コミ、悪い口コミの両方を見ていきましょう。

 

ハニプラ美容液の悪い口コミ

この項目ではハニプラ美容液の悪い口コミを見ていきます。

 

34歳、乾燥肌の女性

 

はじめてブースターとして、このハニプラ美容液を使ってみました。

オイルなのにすっと肌に馴染んで、次につける化粧水の浸透がすごく良くなりました。

ただ、値段が高いと感じたので、リピートするかは悩み中です。

 

 

22歳、敏感肌の女性

 

1本使い切りました。

ベタつかず使いやすいです。

最後の方は取り出しづらいかな。

値段もするので2ヶ月位は持ったと思います。

黄色もすぐになくなるので、次のスキンケアも使いやすいです。

引用元:@cosme

 

 

ハニプラ美容液の悪い口コミを色々と探しましたが、びっくりするくらい、中々見つけられませんでした。

この2つはその中でもようやく見つけた口コミです。

 

 

ハニプラ美容液の悪い口コミをまとめるとこうなります。

 

  • 値段がちょっと高い
  • 最後のほうが取り出しづらい

 

 

悪い口コミといっても、このようにハニプラ美容液の品質とは関係ない部分に対してのものばかりでした^_^;

 

それほど、中身については効果を感じている人が多いということですね。

 

ハニプラ美容液の良い口コミ

次に、ハニプラ美容液の良い口コミを詳しく見ていきましょう。

 

28歳、混合肌の女性

実際顔に塗ってみるとサラッとしたテクスチャーで見た目がオイルっぽいのに全然ベタつきません。

ほんのりハニーのような香りで塗った瞬間肌に馴染みました。

肌が柔らかくなるのと 乾燥を防いでくれます。

次に使うスキンケアの入りが めちゃめちゃ良くなるのでオススメです

 

 

49歳、敏感肌、女性

肌馴染みがよくスッとお肌に浸透して馴染ませた後のお肌はしっとり、ベタツキはありません。

この後に化粧水を使いますがいつもよりグイグイお肌に入っていく感じがします。

乾燥が酷い時やお肌がつかれている時には美容液を含ませたコットンパックもよりしっとり度が増して透明感のあるツヤ肌になれるのでおすすめです^^

 

 

26歳、乾燥肌の女性

乾燥肌なので浸透力のある美容液を探していて興味を持ちました。

実際に使ってみるとさらっとしたテクスチャーでべたつかないのですごく使いやすくて良かったです。

肌がさっぱりとうるおいのある肌になり使用感にも大満足です。

最後まで衛生的に使えるビンとスポイトタイプなところも嬉しいです。プレ美容液としてあとで使う化粧水などの入りもよくしてくれて嬉しいです。

引用元:@cosme

 

 

ハニプラ美容液の良い口コミをまとめると、こうなります。

 

  • オイルなのにベタつかない
  • 次につける化粧水の入りが良い
  • 乾燥肌に効果がある

 

化粧水の入りを良くするためのスキンケア商品をブースターと呼びますが、

ハニプラ美容液はブースターとしてすごく優秀なアイテムのようです。

 

 

また、オイルというとベタつくイメージがあって苦手意識を持つ人も多いと思いますが、ハニプラ美容液はサラっとしたテクスチャーということで、それが高評価につながっています。

 

ハニプラ美容液の効果!

ハニプラ美容液って具体的にどんな効果があるのか?について詳しく解説していきます。

 

希少な卵殻膜がハリのある若々しい肌を保つ

ハニプラ美容液にはたくさんの美容成分が含まれていますが、その中でも一番の目玉なのが、卵殻膜です。

卵殻膜はタマゴの殻の内側にある、うすい膜のことです。

 

 

わずか0.07mmの厚さですが、その中にはコラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸という美容成分をたっぷり含んでいます。

 

Ⅲ型コラーゲン

人間の肌は、主に3層に分けられるのをご存知でしょうか?

 

一番外側が表皮層、次に真皮層、皮下組織となっています。

 

 

その中でも、お肌のハリを支えるのが真皮層のコラーゲンです。

 

 

コラーゲンの中にも種類があり、Ⅲ型コラーゲンがお肌のハリや弾力を決めています。

 

 

赤ちゃんの肌にはⅢ型コラーゲンがたっぷり含まれています。

だから赤ちゃんはあんなにぷにぷにでみずみずしいお肌なんですね^^

 

 

しかし、Ⅲ型コラーゲンは年齢とともに減少していきます。

なので、スキンケアで外から補充してあげる必要があるんです。

 

 

卵殻膜は、このⅢ型コラーゲンをサポートすることが研究で報告されています。

 

18種類のアミノ酸

ヒトの肌には20種類のアミノ酸が含まれていますが、

卵殻膜にはこのヒトの肌が持つ成分に近い、18種類のアミノ酸が含まれています。

 

 

 

L-システイン

 

卵殻膜には美容成分のL-システインが含まれています。

 

L-システインはアミノ酸の一種で、肌の新陳代謝に関係があります。

シミの元になるメラニン色素の生成を抑え、外に排出を促す作用があるのでシミ対策にも効果的です。

 

ハニプラ美容液を注文してみた

ハニプラ美容液の口コミや評判がとても良いので使ってみたくなりました。

私は乾燥肌で悩んでいて、ブースターを探していたので、「これは何かの縁だ!」と思い、ハニプラ美容液を自分で試してみることにしました。

 

 

早速公式サイトから注文すると、ハニプラ美容液がこんな段ボールに入って届きました。

 

 

 

オマケでハニプラ美容液のメーカーが製造しているフルーツの雫、ピール石鹸も入っていました♪

 

 

 

 

ハニプラ美容液はこんな黄色い色をしています。

 

 

 

ハチミツ由来のオイルだからなのか、綺麗な色です^_^

 

ハニプラ美容液の使い方は?

ハニプラ美容液の使い方は簡単です。

スリーステップで説明していきます^^

 

 

注意ポイント

ハニプラ美容液は洗顔後のスキンケアの段階で使います。

化粧水前につけるので、まずは洗顔を終わらせておきましょう。

 

1.手のひらに適量をとる

ハニプラ美容液を附属のスポイトで適量とり、手のひらに出します。

 

 

 

 

大きさは100円玉くらいの大きさが目安です。

 

 

2.顔全体に馴染ませる

まずは手のひら全体にオイルを広げ、目と口周りを避けて、顔全体に優しく伸ばしていきます。

 

 

3.気になる部分に重ねづけ

特に乾燥が気になる部分には重ねづけをしていきましょう。

 

 

ここまでハニプラ美容液をなじませた後、化粧水、乳液といつものスキンケアを行っていきます。

 

そのまま化粧水をつけるよりも、肌への浸透具合が違うことに気づくはずです^_^

 

ハニプラ美容液の副作用ってあるの?

ハニプラ美容液に副作用はあるのか?って気になりますよね。

副作用について、口コミを調べてみましたが、ハニプラ美容液を使用して何か悪影響があった、というような口コミは特に見つけられませんでした。

 

 

ハニプラ美容液は肌に害を与えるような有害な成分は一切使われていません。

なので、敏感肌の方でも安心して使えます。

 

 

 

 

↓これらの有害な成分は一切入っていません。

 

  • 合成着色料フリー
  • パラベンフリー
  • 鉱物油フリー
  • 紫外線吸収剤フリー
  • 石油系界面活性剤フリー
  • シリコンフリー
  • キレート剤フリー
  • タール系色素フリー
  • サルフェートフリー

 

またコスト削減のために海外の工場で生産、というような化粧品も多いですが、ハニプラ美容液は徹底して国内工場で製造されているので、その点でも安心です。

 

 

ただ、スキンケア商品は個人によって合う、合わないという相性はどうしてもあるので、どうしても気になる方はハニプラ美容液の成分を事前に確認しておきましょう。

 

ハニプラ美容液の成分は?

ハニプラ美容液に含まれる全成分はこちらです。

 

 

成分:温泉水、プロパンジオール、水、ペンチレングリコール、グリセリン、ベタイン、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、加水分解卵殻膜、ハチミツ、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、ローヤルゼリーエキス、加水分解ハチミツタンパク、BG、キサンタンガム、キハダ樹皮エキス、クエン酸Na、プラセンタエキス、クエン酸、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、水添レシチン、1,2-ヘキサンジオール、ポリソルベート80、エタノール、サイタイエキス、カプリリルグリコール、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12−13)グリセリル、ヒアルロン酸アスコルビルプロピル、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、酢酸トコフェロール、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解コラーゲン、カプリロイルジペプチド-17、水溶性プロテオグリカン、水溶性コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、フェノキシエタノール

引用:https://menina-joue.jp/products/hanipla/

 

ハニプラ美容液の販売店は?最安値は公式サイト!

ハニプラ美容液の販売店はどこなのか?

 

実はハニプラ美容液は市販の店舗では販売していません。

 

 

ドラッグストアや百貨店、スーパーには置いていないんですね。

 

 

ハニプラ美容液の販売店はネット通販だけ、になります。

ネット通販は、アマゾン、楽天、公式サイトがあります。

 

 

でも、せっかく買うなら安く買いたい!ですよね。

 

そこでハニプラ美容液の最安値を探してみました。

 

 

それぞれの値段を見ていきましょう。

 

 

まずはアマゾンです。

 

 

アマゾンではハニプラ美容液の価格は5,574円でした。

 

 

次に楽天を見てみましょう。

 

 

 

楽天での価格は13,915円でした。(送料無料)

 

 

ハニプラ美容液は1個で30ml。

これで約一か月分です。

 

 

1個でこれって中々お高いですよね…

 

 

しかし、ハニプラ美容液の公式サイトなら、ハニプラ美容液を破格の1,800円(税込)で購入できます!

 

通常価格は6,500円なので、これは約72%オフの大特価です。

 

 

これは定期購入のコースの特典なので、初回を含めて最低3回以上の購入が必須になります。

3回以上の合計金額は11,760円です。

4回目以降はいつでも解約できます。次回のお届け予定日の7日前までに連絡すればOKです。

 

 

えー、3回は必須なの?

と思われるかもしれませんが、これにはちゃんとした理由があります。

 

 

というのも、お肌のターンオーバーは約28日かかります。

 

ターンオーバーとは?

肌の生まれ変わりのこと。

肌の一番下の基底層で生まれた細胞が時間とともに上に上がり、約28日かけて一番上の表面まで来ると、役目を終えて角質として剥がれ落ちる現象。

 

 

ターンオーバーは実は年齢とともにそのサイクルが遅くなっていきます。

30代なら約40日、40代なら約45日になっていきます。

 

 

ハニプラ美容液は1瓶で約1か月分です。

1個だけ使っても、ターンオーバー1回が終わるか終わらないくらいなので、肌への変化は実感しづらいでしょう。

 

 

なので、ハニプラ美容液の肌への効果を実感するには、ターンオーバーを2回~3回繰り返すくらいの期間が必要なんです。

 

 

それで、定期購入が最低でも3回に設定されているんですね。

 

 

でも最初から定期購入って不安。という方も多いと思います。

 

 

そんな方に知ってほしいのが、ハニプラ美容液の永久返金保証制度です。

 

 

 

ハニプラ美容液がどうしてもお肌に合わない時は返金してもらえます。

 

これならお金をドブに捨てるような事態にはならないので安心ですね。

 

まとめ

年齢を重ねると、本当にお肌からハリが失われていきますよね…

 

鏡を見ていて、「え?こんなところにしわがあったっけ?」と発見した日には本当にショックを受けます…。

 

 

でも年齢のせいだから、と諦める必要はありません。

 

 

ハリがないのは体内で作られるコラーゲンの量が減ってきたからです。

足りないなら、スキンケアで外から足してあげれば良いんです。

 

 

また、乾燥も老けてみえる原因になるので、保湿もすごく大事です。

 

 

ハニプラ美容液は卵殻膜配合でお肌に足りないコラーゲンを補充してくれます。

 

また、ブースターとして化粧水の前につけると、次の化粧水の入りがとても良くなり、保湿にも貢献してくれます。

 

 

鏡を見て「肌の調子が良い!」と思えたら、その日一日気分が良いですよね。

 

 

それに、ハニプラ美容液でお肌のハリを取り戻したら、こんな風に聞かれるかも。

 

 

旦那に「なんか肌が綺麗になった?」と言われたり、

友達に「肌が若い!どんなことしてるの?」と詰め寄られたり。

 

 

ハニプラ美容液で周りにうらやましがられるハリのある肌を手に入れてみませんか^_^?

Copyright© ハニプラ美容液の口コミ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.